歯科医院の開業資金・費用は5,000万円位? 【居抜き物件ポータルサイト】

居抜き開業をせずに、新規で歯科医院を開業した際はどのくらいの資金(費用)がかかるのでしょうか?
歯科医院開業においては他の医院より収入あたりの設備資金(費用)が高くつきます。
(高度医療機器資金(費用)や内装外装資金(費用)等)

 

では、新規で歯科医院を開業する際の資金(費用)をみていきましょう。

 

一般的な歯科医院開業資金(費用)は?

テナント開業を例にとって見て行きましょう。

歯科医院の開業資金(費用)は 大きく下の2種類に分かれます。

 

  • ・設備資金(費用)
  • ・開業資金(費用)

 

 

 

1,設備資金(費用)

テナント費用

テナントと言っても、家を借りるのと一緒です。

  • ・敷金、保証金
  • ・家賃
  • ・礼金
  • ・仲介手数料

もちろん、駅徒歩やテナントの条件によって、費用は大きく増減します。

よく言われる金額は350万円~800万円です。

 

内装や外装(看板等)

居抜きでない、歯科医院の新規開業では、0から見つけた物件に

外装や内装を施していきます。

ユニットを設置したりする必要があり、床上げ工事は必須です。

上げた床の下に水回り、コンプレッサーの配管を通していくわけです。

 

内装については、診療科目によってもイメージが別れる部分ですので、

歯科医院を開業する際に一番力(資金・費用)がはいる部分ではないでしょうか?

 

外装も同じで、見た目が大切ですので、看板から、入り口の雰囲気まで、細部へのコダワリを

持たれるのではないでしょうか?

 

細かな家具等を含んで、内外装一式で

よく言われる金額は1,000万円~2,000万円です。

 

医療機器

医療機器は歯科医院開業を助ける大きな武器にもなりますので、

高価な医療機器を入れられる先生も多いです。

 

医療機器は上を見ればいくらでも魅力的な機器がありますので、歯科医院内業の資金計画をきちんと把握して

機器の選定を行わなくてはいけません。必要資金(費用)が一気に膨らみます。

 

  • ・ユニット*2台 ・・・ 500万円程度

を初めとして、レントゲンやスコープ、インプラント機器やホワイトニングといった機器を揃える事となります。

よく言われる金額は1,000万円~1,500万円です。

その他の材料消耗品費

OA機器等ですが、
よく言われる金額は300万円です。

 

2,開業資金(費用)

 

広告、WEBサイト等

開業時広告費用(チラシやWEB宣伝)や内覧会費用等で
最低でも300万円は必要です。

 

歯科医師会費

これは仕方ありません。

絶対に発生する歯科医院開業費用です。

ケースによりますが、300万円程度です。

 

その他開業費

WEBサイト構築や求人、開業に纏わる備品費用等です。
300万円はかかります。

 

最後に忘れてはいけないのが、運転資金です。

 

運転資金

歯科医院の開業が軌道に乗るまでの間に食いつなぐ資金(費用)になります。

よく言われる金額は1,000万円程度です。

 

歯科医院を開業し、十分な診療収入が上がるまで、数ヶ月の期間が必要になる場合もあります。
保険診療がメインとなるかと思います。
保健診療収入は、請求月の2ヶ月後に振り込まれるわけですから、例えば、4月に開業した場合は

  • ・4月分の保険診療収入⇒6月に入金
  • ・5月分の保険診療収入⇒7月に入金

となりますので、自ずと、4月と5月の収入は自由診療収入と、保険診療の窓口収入のみです・・・

 

居抜きでない、新規の歯科医院開業の場合は、

新規で患者さんを見つけなくてはいけません・・・

患者さんを見つけるにもチラシ代やWEB広告代がかかります。

 

こんな状態でも、家賃や人件費、材料代、リース料等の固定費が容赦なく襲い掛かってきます。

ですので、軌道に乗るまでの間は運転資金を切り崩して、これらの支払いをする事になります。

 

金額をまとめますと下の通りです。

1,設備費用 テナント費用 500
内装や外装 1,500
医療機器 1,000
その他の材料消耗品費 300
                小計 3300
2,開業費用 広告、WEBサイト等 300
歯科医師会費 300
その他開業費 100
運転資金 1,000
小計 1700
合計 5000

 

 

赤文字部分は居抜き開業を行った際には削減が可能な資金(費用)となります。

  • ・内装や外装はベースが整っているので、フルフルで必要はないです。
  • ・医療機器もベースがあるので、フルセットは必要ないです。
  • ・運転資金についても、既存の患者さんの保険診療収入が見込めますので、新規開業に比べて、備えは少なくていいです。

 

歯科医院の居抜き開業は、金額的にインパクトの大きい資金(費用)項目削減に有効ですね。

 

いかがでしょうか?

参考になりましたでしょうか?

 

 

最後に・・・全国の歯科医院の数はコンビニより多いです。
道を挟んだ向かいが歯科医院なんて事もざらかと思います。

つまり、歯科医院は飽和しています。
こんな状態で新規で歯科医院を建てて開業するなんて事は、絶対に無駄です。
逆にやめる際も、誰にも譲渡(売却)しないでやめる事は絶対に無駄です。

そんな思いで、この”歯科医院専門 居抜き物件ポータルサイト”を運営しています。

 

 

歯科医院 居抜き物件の検索はこちらからどうぞ
buy3

 

その他、ご連絡もお待ちしております。

otoiawase