”歯科医院専門  居抜き物件情報ポータルサイト”     Presented by "Dental-Plus+"

歯科居抜き物件ご購入の方

歯科居抜き物件をお探しの先生はこちらよりご覧ください。無料会員登録を行うと、非公開物件も見ることが可能です。

歯科居抜き物件検索

尚、そもそもWEB公開していない物件情報も多数ございます。物件検索にて、ご希望の居抜き歯科物件が出てこない場合はこちらより条件をご連絡ください条件にあった居抜き物件が見つかり次第ご連絡致します。



歯科居抜き物件とは前の歯科医院の内装や設備などが(場合によってはカルテ、患者様まで)
が残ったままの歯科医院の物件を意味します。

 

歯科医院を購入するメリット

point1 歯科医院 開業費用の削減under_ten

当たり前ですが、歯科医院を開業するには、設備投資が必須です。
ユニット、レントゲン、マイクロスコープ、インプラント器具・・・・
レベルの高い治療を目指せば目指すほど、開業費用が跳ね上がります。
また内装工事も必要です。この費用もばかになりません。

歯科居抜き物件で開業する事で、これら設備関連の費用が大幅に削減できますベースの設備がある程度あるので、
浮いた分を高度医療機器に充てがうのも手です。

 

point1 すでに患者が存在するunder_ten

閉院歯科物件であっても地域での認知度は既にあります。
また、円満閉院(流行っていた)の場合は認知度と併せて信頼も持っています。
その患者様を引き継げる事は非常に大きなアドバンテージとなります。
居抜きの場合はカルテを引き継げる場合がほとんどです。

つまり・・・   開業と同時に、患者様が存在している状態です。
開業スタートアップ時の集患費用は大幅に削減できるのです。
浮いた費用を、強みを明確に打ち出したプロモーションに充てがうのも手です

 

point1 短期間での開業が可能under_ten

すでに設備や内装のベースが整っている為、新規で開業する場合と比べてオープンまでの期間が圧倒的に短いです。

つまり・・・工事期間中の賃料など無駄な費用も最低限で済むという事です。

 

point1 銀行からの融資が受けやすいunder_ten

特にご年齢が若い先生の場合は、銀行からの新規融資が受けにくい場合があります。新規開業での多額の融資と比べると、居抜き物件の方が、トータル融資額が少ない分、銀行からの融資が受けやすくなります。

 

全国の診療所勤務(開業医院)のの歯科医師の54.7%は50歳を超えています。
60歳以上の割合は25.5%です。

※厚生労働省  平成24年の統計http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/12/dl/gaikyo.pdf

開業医の高齢化に伴う、閉院は今後もっと増えるでしょう。 

 

acceptクリニックを経営しているが、継いでくれる子供がいない。 
accept廃業を考えているが患者さんや社員のことを考えると医院をたためない。 
accept子供に経営力がなく、継がせるのが不安。 

従来はオーナーの子供に医院を継承するのが理想的でしたが、このような理由から「第三者継承」を行うケースも考えられます。 

 

一方・・・・若年層の医師が開業しようとする場合
accept初期投資の資金や設備投資などの費用の準備ができない。 
accept開業したいけれど、患者さんを確保するのに不安がある。 
accept金融機関からの融資が厳しい。 

 以上の理由から、開業に二の足を踏む医師も多く見受けられます。
 このような場合の選択肢として「第三者継承」があります。 

 下の表で”居抜き開業”と”新規開業”のメリットとデメリットをまとめています。

matrix
H1_11

buy_m_11
詳細はこちらから

 

buy_m_2

 

buy_m_3
詳細はこちらから


居抜き開業で成功する為の第一歩は、「前医院イメージからの脱却です。」

前の医院とは全く違う事をきちんと周知する必要があります。
つまり、「イメージチェンジ」です。

 

「イメージチェンジ」をするには、「USP(強み)」をきちんと訴求する事が肝心です。

USP(強み)を100%訴求する事が出来れば、前医院のイメージは完全に払拭する事ができるのです


さて、先生のUSP(強み)はなんでしょうか?どんなUSP(強み)で売上を作っていく予定でしょうか?

 

acceptインプラントでしょうか? 

acceptホワイトニングでしょうか? 

accept矯正歯科でしょうか? 

accept歯周病治療でしょうか? 

accept小児歯科でしょうか? 

accept遅い時間までの営業でしょうか? 

 


そして、言葉は悪いですが、そのUSP(強み)を患者様に”販売”して売上を作っていくのです。

では、最も効率の良いUSP(強み)の売り方はご存知でしょうか?



最も効率よく効果が出る

USP(強み)の販売方法は、WEB経由での販売です。

”歯科医院居抜きポータル”では、WEBを駆使した「居抜き開業後のUSP販売のサポート」を行っておりますのでご安心下さい。前医院のイメージ払拭は我々にお任せ下さい。

【1,先生のUSP(強み)の精査】 ※初回ヒアリング1時間
【2,専用LP(ランディングページ)作成】
【3,見込み患者のリスト収集】
【4,クロージング】
とWEBを駆使した、サービス販売(主に自費治療)のサポートをさせて頂きます。

契約フロー

 

 

以上のサポートご費用ですが、
歯科医院居抜きポータル(本サイト)経由での物件問い合わせから、成約に至った場合の特典として特別価格にて対応させて頂きます。

居抜き特典


料金システムとしては、

初期費用は100%無料です。ただし作成したページ経由での売上の20%を頂きます。

※成果報酬型の料金システムですので、リスク【0】です。


歯科医院の数はコンビニ以上です。ただ何となく歯科医院を経営されてりるだけでは、競争に巻き込まれ、せっかく開業した医院を閉鎖せざるおえないという状態にもなりかねません。


先生のUSPを明確にして、一緒にWEB集客/サービス販売を行い、強い医院をつくりましょう!

基本的には、物件管理会社様を御紹介しますので、医院継承ノウハウは多くお持ちです。Dental-Plusと提携している物件管理会社様は下の通りです。

d
どの会社様も、長年居抜き物件からの開業サポートをされておりますので、医院継承にまつわる部分の不安はありません。

H1_12

マッチングまでの流れは下の通りです。
居抜きマッチング_流れ

まずはお問い合わせください。
otoiawase

pagetop